不安感の原因と対応・ケア

認知症の心理症状として、不安感があります。

  • 物忘れやできないことがある度に、そのことや症状の進行に不安を感じるなど、常時様々な不安感にさいなまれ、ストレスに繋がります。特に不安から身を守る方法として、アルツハイマー型認知症の人は、質問に対してあまり深く考えようとせず、その場しのぎの言い訳や作話で、その状況をとりつくろう行動が見られます。また、不安を覆い隠すために、できることを強調する傾向があります。

不安感への対応とケア

  • できないことに対して、否定や訂正、焦らせたり怒るなどは、症状を悪化させる原因になるので避けて下さい。簡単な作業であっても、できたことを褒めることで前向きな気持ちにさせるようにして下さい。また、体を動かしてストレスを発散させたり、本人の興味のある話題を傾聴するなど気分転換をしてあげて下さい。

↑ page top