脳の構成

脳解説図

脳の構成

  • 脳は、大脳と脳幹(間脳・中脳・橋・延髄)と小脳で構成されています。
大脳 大脳皮質と髄質で構成されています。※下記表にて別途説明
間脳 感覚情報と運動情報の中継、ホルモンの分泌、および自律神経の調整などをしています。※下記表にて別途説明
中脳 視覚・聴覚・体の平衡・姿勢の反射に関する神経中枢です。
三叉神経(眼神経、上顎神経、下顎神経)、外転神経(眼球の外転)、顔面神経、内耳神経などの神経中枢です。
延髄 吸引・嚥下・嘔吐・咀嚼・唾液分泌など消化に関する神経と、せき・くしゃみの反射、血流量や血管収縮拡張の調整、呼吸の調整などに関する神経中枢です。
小脳 平衡感覚・筋緊張・眼球運動・運動機能の調節など、知覚と運動機能の統合をしています。

大脳皮質と髄質

  • 大脳は、大脳皮質と髄質で構成されています。更に、大脳皮質は新皮質と古皮質、旧皮質で構成されています。
    皮質の表面積は、新聞紙の1面大に相当すると言われています。
新皮質 灰白質の薄い層になっていて、厚さは1.5~4.5mmほど。前頭葉、頂頭葉、側頭葉、後頭葉で構成されています。
古皮質 海馬、脳弓、帯状回などで構成されています。
旧皮質 嗅葉、梨状葉などで構成されています。
髄質 大脳の深部にある大脳・脳幹・小脳・脊髄などを中継する神経線維の集合体です。(大脳基底核)

 

間脳

  • 脳幹にある間脳は、視床・視床下部・脳下垂体・松果体で構成されています。
間脳解説図
視床 嗅覚以外の視覚・聴覚・体性感覚の情報や運動に関する情報などを中継しています。
視床下部 視床下部では、脳下垂体のホルモン分泌を制御していて、体温、血圧、心拍数、代謝、食欲などの健康維持に必要な自律神経の調節と中継をしています。
脳下垂体 内分泌器官で、健康維持の為に必要な数多くのホルモンを分泌しています。
松果体 概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌しています。