脳腫瘍

  • 脳腫瘍とは、脳内にできた良性(非癌性)または悪性(癌性)の増殖した組織のことで、脳内で発生するものと、体の別の部分から脳に転移してきたものがあります。症状としては、頭痛、認知機能障害、精神症状、運動障害などが見られます。治療法は手術、放射線療法、化学療法などで、これらを組み合わせる場合もあります。多くの場合、脳腫瘍摘出手術によって認知機能は急速に変化し、放射線療法や化学療法による認知機能の変化は徐々に進行します。癌治療後の認知機能変化には、症状が非常に軽微でいずれ消失する場合と、はっきりとした変化が現れる場合があります。

↑ page top