認知症の中核症状と周辺症状(BPSD)とは?

認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2つにわけられます。

  • 中核症状
    脳の細胞が壊れることによって、直接起こる症状を中核症状と言います。記憶障害、見当識障害、理解・判断力の障害、失語・失行・失認、実行機能障害などが現れます。中核症状とは一般的に、認知症の方なら誰でも現れる症状のことを指しています。
  • 周辺症状
    本人がもともと持っている性格や置かれている環境、人間関係など様々な要因が作用することで、徘徊や不眠などの行動症状、うつ状態や妄想のような心理症状が現れます。行動症状と心理症状をまとめて周辺症状と呼んでいます。周辺症状が現れることによって、日常生活への適応を困難とする行動上の問題が起こってきます。症状もある程度は分類できますが、複数の症状が重複することもあり、人によって症状が異なるため、全く同じ症状の方はあまりいません。また周辺症状のことを、行動・心理症状やBPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)とも呼んでいます。