うつ・抑うつの原因と対応・ケア

認知症の心理症状として、うつ・抑うつがあります。

  • うつ病は、自分の状態に不安を感じることで、悲しさや寂しさ、空虚感、自殺願望など悲観的になるケースが多いですが、認知症のうつ・抑うつは、眠れない、食欲がなく食べれない、感情が鈍くなる、気持ちが落ち込む、何に対しても興味を示さないなど楽観的なケースが多く、深刻さは伴ないません。うつ・抑うつは、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、前頭側頭型認知症などでも見られますが、一番多いとされているのが、レビー小体型認知症だと言われています。認知症に対する不安や焦燥、ストレスが原因であったり、配偶者が亡くなったり、引越しや入院、施設への入所など、環境が変わることが原因だと考えられています。また、パーキンソン病や高血圧の治療ために服用している薬が、うつを招く要因となっている場合もあります。

うつ・抑うつの対応とケア

  • 食事を残したり、話をしても反応をしないようなことなどがあっても、症状を悪化させてしまいますので、注意したり、怒ったり、せかすことなどはしないで根気強く接して下さい。ケアとしては、気分転換が重要になります。好きな音楽を聴いたり、散歩やデイサービスで外出してみたり、できるだけ一人にしないように家族と一緒に過ごす時間を多くするなどが必要です。もしこれらに誘う際に、本人が嫌がるようなら、時間を置いてみたり、日を改めるなどして下さい。

↑ page top