髄膜炎

  • 髄膜炎とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じる救急疾患です。無菌性(ウィルス性)、化膿性(細菌性)という二つに分類されます。原因としては、ほとんどがウイルスや細菌をはじめとする微生物が血液から髄膜に進入することで起こりますが、薬品が原因となることもあります。髄膜炎は持続する頭痛を主な症状として、発熱、嘔吐、項部硬直などの髄膜刺激症状、髄液細胞増加などが認められます。治療には、症状によって抗結核薬や抗真菌薬を使います。発見が遅くなり、症状が重くなってしまった場合には、てんかんや認知障害など、さまざまな後遺症が残る可能性があります。